肩が上げにくいけど時間がたてば治るだろうと思っていませんか?

私が、約7年間治療院に勤務していて多かったのが、『半年、1年以上たつんですがよくならないんですのお声でした。

多くの女性は、日々仕事や育児で忙しくなかなか治療院に行けず肩があがらなくなってから病院に行き五十肩、腱板損傷の診断をうける方がほとんどでした。肩が少しあがりずらいかなと思った時点では、近くのマッサージ屋さんや治療院にいきほぐしてもらって一時的に楽にはなるもまた2~3日ほどで痛み、違和感を繰返す。

 

みなさんが病院行かれる理由は、骨や靭帯が損傷していないか不安で行かれると思います。

病院では、骨や靭帯の損傷がなければほとんどは湿布を渡され終了が多いではないでしょうか。骨や靭帯の損傷がないなら大丈夫とマッサージ屋さんで再びほぐしてもらうけどだんだん肩があがらなくなってきたと近くの治療院行く。

 

ほとんどの方がこの流れで治療院に来ますが、慢性化して肩がガチガチ、肩の違和感や少しあげずらいなと思った時に適切な治療をしていれば治りもはやいのですが、ほとんどの方はあがらなくなってから治療院に来られます。

また、普段から治療院に行かれていない方は、自分にあった治療院を探すのにも時間がかかります。

 

 

*施術効果には個人差があります。

一般的な肩の痛み

・腱、靭帯の障害

・滑液包、関節包の障害

・肩周辺の筋肉の異常

・首の骨の異常(神経障害)があります。

 

*その他、肩の痛みを起こすものは腫瘍、外傷、内臓障害、関節リウマチ、化膿性疾患、先天性異常などがあります。

ここでは、一般的な肩の痛みについて簡単に説明をさせて頂きます。

 

骨盤のゆがみかたで肩の高さが変わったりする?

・服を着るといつも片側だけズレおちる

・鏡で見たとき左右の肩の高さが違う

 

肩の高さが違うと左右肩をあげた時に、左右どちらかあげにくい方がでてきます。

 

鏡の前で確認してみて下さい!

・左右の肩の高さ ・膝の高さ ・足の長さは同じですか?

 

からだのゆがみは、日常のクセが関係する?

・どちらか一方に決まって鞄をかける

・片側に重心をかけて立つ

・足を組むクセがある

・靴の減りが左右違う

・椅子に座るとき背中が丸くなる、または逆にふんぞり返る

・アヒル座りをよくする

 

ほとんどのゆがみは、日常の姿勢のクセが影響しています。上記の姿勢を日頃おこなっている方は、ゆがみからくる肩の痛みや違和感、動きの制限の可能性があります。

 

じゅのんの施術は、ほぐしたり、ボキボキ矯正をしません!

からだの動きを診ながらゆがみをとっていく、やさしい施術法です。

奥にある筋肉にアプローチすることで、その場で効果を実感することができます。

施術後も、自宅でできるセルフケアの指導をおこなっています。

腕があがらない、肩の痛みを我慢して毎日つらい思いをしている方をサポートさせて頂きます。

 

院長紹介

女性専用の骨盤矯正と不妊専門の治療院です。

院長:平瀬さとみ 鍼灸師(国家資格)2013年1月に出張専門じゅのん鍼灸院で開業、同年11月に菜畑に開院。

 

じゅのんの施術は、体の動きを診ながら施術をおこないます。その場で効果を感じる事ができるちょっと不思議な施術法です。

肩があがりにくい原因はいろいろあります。その原因を施術しているかで、施術後の効果も変わってきます。1年以上治療しているが、痛みが変わらないのは、治療しているところが原因ではないことがあります。

 

以前、乳がんの手術後、腕があがりずらい患者さんを施術させて頂くことがありました。その患者さんは、初期のがんだった様ですが、手術後のむくみや腕のあげずらさがあり、施術するとあがる様になり喜んで頂けました。

今、日本でもがんになる方が増えていています。生活習慣や日々のからだのケアは必要な時代にきていると思います。病気になってから治療するのではなく、病気にならない体づくりが必要だと思います。

 

乳がんの手術後、腕があがりにくいなど肩の運動障害や腕や肩のこり、しびれなどがおこります。手術後の、腕のあがりにくさの施術もおこなっています。お気軽にお問合せください。

10名様限定 残り2名


店舗のご案内

連絡先

〒630-0215

奈良県生駒市東菜畑11-83-1ハイツ幸202

 

最寄駅:近鉄奈良線生駒駅乗換え1駅 「5番・6番王子方面近鉄生駒線菜畑駅徒歩1分」「近鉄奈良線東生駒駅徒歩10分」

菜畑駅改札出て左(東向き)に歩き、菜畑交差点(1つ目の信号)を渡ってすぐのマンションです。

 

近隣に1台駐車場があります